HAIR CATALOGWorks Profile of SNOB

イノセントな瑞々しさの個性、ナチュラルボブ
ShortNami Nakatani
一人ひとりが持つ自然体の美しさ、理想とするライフスタイルに共存させる、わたしのボブ。 こなれ感を手に入れる毛質ニュアンスパーマは、洗って乾かしただけでこの仕上がり。 毛先に動きが出る事で、耳にかけた時にも顔周りに雰囲気が。赤みを消した透明感カラーが 柔らかなニュアンスをより惹き立てます。自然体も自分好みにクリエイティブする時代です。
シンプルだからこそ際立つ遊び心、モードボブ
MediumTaiki Hiji
鎖骨ラインでカットしたシンプルなボブに、アクセントカラーとスタイリングで遊びを加えた このスタイル。毛先を中心にランダムに見え隠れするインナーカラーでダメージは最小限に、 ファッション性は最大限に。外ハネをベースにサイドは毛先を遊ばせるスタイリングがおススメ。 クリーンなのに注目度が高い、ブラウン系リップがマッチするワンランク上のモードボブです。
レディにボヘミアンを着こなす、潤いウェーブ
LongMiku Kunihiro
ロングヘアを活かしたリュクスなウェーブ。顔周りはルーズに緩く、毛先に向かってリズミカルに カールを変化させる事で、ボリュームとシルエットを絶妙に調整。どんな髪質でも馴染みやすい パーマスタイルです。全体的に明るい印象を与えるピンク系カラーが髪の柔らかさを表現し、 肌の血色感と合わさる事でヘルシーで麗しい印象に。セミウェットな質感で潤いもプラス。
MY定番を削ぎ落とす新しさ、スキームミディ
MediumMasato Kudo
永くロングヘアを溺愛していた女性達も、そろそろ新しい変化が欲しいのでは...。大きな勇気を使う前に 提案したい新しい形。長さはキープしたまま、フェイスラインとフォルムを一新するスタイルです。 トレンドアイコンに多く支持されてるオン眉バングは、表情が華やぎ、特に目元に視線を集めます。 鎖骨ラインでハネる毛先も、程良いグラデーションカラーも、全て計算し尽くされた、新ミディヘアです。
甘いトレンドを着こなすレディスタイル、MIXロング
LongYuho Kamo
ロングヘアの印象を変えるなら、イベントの多いこの季節、パーマスタイルが断然おススメ。 シンプルなファッションにも女性らしい空気感を纏わせ、UP等のアレンジスタイルにも幅広く対応。 丸みをつけ過ぎない不規則なウェービィーパーマに、毛先はコロンとした丸いカールを掛け合わせ、 フェミニンとカジュアル感をMIX。頬にかかる前髪がヘルシーな色気をプラスするポイントです。
デザイン性の中に抜けるラフな動きを、モードボブ
ShortTatsuki Kinoshita
流行するボブスタイル、これからはカットの入れ方で、周りと差をつける時代に。 緩やかな前下がりのベースラインにレイヤーを加える事で、毛先に動きをだして適度な抜け感を。 毛先とは相反する直線的なラインで作ったバングが、モードな印象も残す、二面性のあるスタイルです。 カラーは今季トレンドの透き通ったグレイッシュ系を。スモーキーカラーのメイクと馴染みます。
ゆれる空気感でスタイリング、フレアーボブ
MediumMiku Kunihiro
トレンドの切りっぱなしボブに季節感をMIXした、まわりと差がつくガーリースタイル。 顔まわりを中心に細くランダムに束感を加え、涼しげな風にゆれる毛先を演出。 今季人気のシースルーバングとの相性は抜群で、ナチュラルな抜け感メイクが映えます。 季節と共に移り変わるファッション。ヘアスタイルも、新しい私へアップグレート。
まとまらない強さを包む、アクセサリーボブ
ShortYosuke Watanabe
オトナの女性におすすめしたい、ひとクセ効かせた美しいフォルムのボブスタイル。 柔らかいイメージを持たせる丸みのあるボブは、首筋をきれいに大人っぽく。 フェイスラインとのバランスを取りながら少しカーブさせたショートバングが、このヘアの主役。 コンサバティブなボブに強めのバング、ヘアをファッションのポイントに昇華させたスタイルです。
無造作なシルエットを軽やかに、グランジボブ
ShortTomonori Otani
毛先の動きは大胆に、作り込まない無造作な雰囲気がこの季節に馴染みます。
シンプルなボブとは一線を画し、計算されたウルフベースの立体感が頭のフォルム、
骨格をキレイに魅せます。やわらかくカールさせた前髪から覗く額が表情を明るく、
涼しげに。さりげないグラデーションカラーが大人のラフなスタイルと相性抜群。
前髪の抜け感がポイント、フレンチシックボブ
ShortDaiti Tanaka
丸みをつけない不規則なウェービーパーマが、幼くなりがちな短いボブを女性らしく演出。
甘さを抑えたセミウェットな質感は、どんなメイクともバランスが取りやすいスタイル。
前髪は眉が見えるか見えないかの長さでカットし、サイドの動きに馴染ませつつ風が吹いたら
ふわりと揺れる…シックだけど自然体。フランス映画に出てくるような大人の女性をイメージしました。
ロマンティックモードな、デザインボブ
ShortTatsuki Kinoshita
ランダムに動きをつけたカールが、程良いボリューム感で顔周りを包み込むデザイン。 サイドのシルエットは大胆に、目線が合う瞬間...視線を誘導する毛先で表情が引き立ちます。 カラーは陽射しを味方につけるピンクベージュ系で柔らかさとツヤを。肌色トーンUPの効果も。 主張が強くなりがちなこのスタイルを、肌映えカラーとカールで女性らしくロマンティックに。
シアーな湿感でエッジィに、最旬ロング
LongHaruka Sekitomo
今季のロング、ポイントは2つ。全体的には軽く、スタイリングはシンプル且つクールに。 肩下に柔らかさを出すレイヤーを。髪に隙間を作ることで、この季節のファッションと馴染みます。 目指したのはハンサムなロングヘア。カールは最小限に、頬にかかる前髪は色っぽく躍動的に。 フェミニン要素を抑える為、カラーは暗め、質感はセミウェットに仕上げたエッジィなロングです。
毛先を操るアートな動き、クールショート
ShortAya Kuraoka
ランダムなカットラインが特徴的で、無造作に操られた毛先にはアート性が宿ります。
フロントから見た印象では、前髪と襟足に遊びのあるショートヘア。その表情には二面性があり、
挑発的に惹き込むサイドシルエットはクールなモード感を漂わせます。カラーはブラックベースで
動きを付ける毛先にアクセントカラーを取り入れるのが、今季のおすすめです。
潔さにムードが香る、スキニ―ショート
ShortShotaro Wada
女性らしさ=ロングヘアがマスト。という感覚は...もう古い。毛先の創り方でその想像力を
掻き立てる。頬にかかる前髪は表情に色気を、少し長めに残したサイドは耳に掛けても外しても
顎に向かうフェイスラインを綺麗に魅せます。カラーは赤みを打ち消すヌーディ系を。
着飾らない、媚びない。強やかで凛とした女性像にマッチするショートスタイルです。
センスをコンプリートする、こなれボブ
ShortYuho Kamo
フェイスラインも目元も、絶妙に隠した事でその美しさが際立つ...完璧に計算されたボブ。 リップラインでカットした毛先に表情をつける事で、程良いボリュームを。 その厚みによりサイドから見た時、顎ラインがシャープに際立ちます。 どんなファッションでも相性良く着こなせる、シンプルで洗練されたボブスタイルです。
ドラマチックに輝くツヤ、レイヤーロング
MediumShotaro Wada
ラフなのに艶っぽい、ロング上級者におすすめのセンシュアルな今季のスタイル。 鎖骨から10cm下のレングスに丁寧にレイヤーを重ね、髪に表情を持たせました。 カラーは暗めに、スタイリングにはウェット感をプラス。自然なのに色っぽい、 女性が憧れるクールなイメージをドラマチックに表現しました。
透明感に包まれる、シアースタイルロブ
MediumNami Nakatani
フェミニンな印象のパーマスタイルは、数種類のカールをMIXして作る繊細なデザイン。 前髪は軽めに目上ぎりぎりのラインで目元を強調。トップやサイドは広がり過ぎない 毛流れが計算された大きなウェーブでスタイリングも簡単です。毛先は丸いカールで可愛く。 今季トレンドのシアーカラーとセミウェットなスタイリングで、上級者ロブスタイルの完成。
エッジィに遊ぶ、モード感ショート
ShortYosuke Watanabe
無造作なニュアンスから漂うのは、誰にも媚びない、甘美なオーラ。
ミニマムなフォルムの中に、絶妙なバランスで加えた遊びがポイント。
フェイスラインが美しく際立っているからこそ叶う、このショートスタイルで
耳元のお洒落を大胆に。レトロモードシックに、辛口メイクがお薦めです。
レディな旬カラー、最新トレンドボブ
MediumNami Nakatani
ボブ人気継続の中、この季節にピッタリの少し甘さを加えたボブスタイル。
ピンク系の潤いカラーは肌映えも良く、質感を柔らかく見せてくれます。
毛先につけたワンカールでゆるく、可愛く。レイヤーを軽やかに重ねて。
眉上バングには程よく加えたシースルーの透け感で、女性らしい雰囲気に。
クールな清潔感、フェミニンショート
ShortTaiki Hiji
顔の形を綺麗に見せる、美しいシルエットのショートをベースに、
頬にかかる毛先、耳かけスタイリングで遊びを加えた上級者スタイル。
程よく入ったレイヤーが、不規則な毛流れの中にも清潔感をアプローチ。
コーラル系のメイクと合わせて、ちょっと背伸びした大人のショートです。
煌めくカラーで、抜け感ラグジュアリー
MediumYoko Tanni
光に透けて輝く、シアーで明るめのヌーディカラーが主役のスタイル。
陰影をバランスよく加える、動きをつけたミディアムパーマで、
ハイトーンでも知的に。ランダムなカールは表情豊かに、顔周りを中心に。
肩の力を抜いた程よいリッチ感は、こなれた女性にフィットします。
1 / 41234